光源氏 の 誕生 品詞 分解。 源氏物語光源氏の誕生敬語について

誕生 品詞 分解 光源氏 の 誕生 品詞 分解 光源氏 の

(格別のご寵愛を受けているこの更衣を)心外で気にくわない者として軽蔑したり嫉妬したりなさる。 辞書も一語として見出し語に上げている辞書と上げていない辞書があります(小学館新選は上げていない)。 (宮仕えし始めた)はじめから、自分こそは(帝に寵愛されよう)と志を高く持ちなさっていた方々は、(桐壺の更衣を)気に食わないものとして蔑視し恨みなさった。

3
誕生 品詞 分解 光源氏 の 誕生 品詞 分解 光源氏 の

nhk「よるドラ」枠で好評放送中の『いいね!光源氏くん』 総合 毎週土曜 ~。

20
誕生 品詞 分解 光源氏 の 誕生 品詞 分解 光源氏 の

つまらない、苦々しい、情けない。

誕生 品詞 分解 光源氏 の 誕生 品詞 分解 光源氏 の

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。 藤壺への光源氏の思いを理解する。

誕生 品詞 分解 光源氏 の 誕生 品詞 分解 光源氏 の

直後に尊敬語が来ているため「使役」か「尊敬」かは文脈判断。

18
誕生 品詞 分解 光源氏 の 誕生 品詞 分解 光源氏 の

「給は」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である帝を敬っている。

16
誕生 品詞 分解 光源氏 の 誕生 品詞 分解 光源氏 の

動作の主体である帝を敬っている。 一の皇子は、右大臣の女御の御腹にて、寄せ重く、疑ひなき 儲 まう けの君と、世にもてかしづき聞こゆれど、この御匂ひには並び給ふべくもあらざりければ、おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば、私ものに思ほしかしづき給ふことかぎりなし。

誕生 品詞 分解 光源氏 の 誕生 品詞 分解 光源氏 の

めざましき=シク活用の形容詞「めざまし」の連体形。