地方 公務員 法 第 16 条。 地方財政法

公務員 法 条 地方 第 16 公務員 法 条 地方 第 16

H26. (平成二十八年法律第十三号)• )並びに第114条並びに第115条第1項及び第2項 (サービス利用計画作成費、特定障害者特別給付費、特例特定障害者特別給付費、療養介護医療費、基準該当療養介護医療費及び補装具費の支給に係る部分に限る。 欠格条項 [ ] 16条の規定により、以下の者は条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。

15
公務員 法 条 地方 第 16 公務員 法 条 地方 第 16

)」とあるのは「同項」と、「施行後補償年金に係る新法第2条第9項に規定する年金平均給与額」とあるのは「施行後補償年金の額の算定の基礎として用いる平均給与額」と、同条第2項中「前項」とあるのは「地方公務員災害補償法の一部を改正する法律(平成2年法律第47号)附則第8条の規定により読み替えられた前項」とし、同条第3項の規定は、適用しない。 この場合において、附則第2条の見出し中「国家公務員災害補償法」とあるのは「地方公務員災害補償法」と、同条中「国家公務員災害補償法第1条第1項」とあるのは「地方公務員災害補償法第2条第1項」と、「公務上」とあるのは「公務(地方独立行政法人法(平成15年法律第118号)第8条第1項第5号に規定する一般地方独立行政法人の業務を含む。

公務員 法 条 地方 第 16 公務員 法 条 地方 第 16

)前にされた地方公務員災害補償法第51条第2項の審査請求のうち、施行日の前日において当該審査請求がされた日の翌日から起算して3箇月を経過しており、かつ、施行日の前日までに地方公務員災害補償基金支部審査会の決定がないもの (次項において 「未決定の3箇月経過審査請求」という。 管理職手当• この法律若しくは (平成18年法律第48号)の規定に違反し、又は第197条 、第197条の2第1号から第10号まで若しくは第13号、第198条第8号、第199条、第200条第1号から第12号まで、第21号若しくは第22号、第203条第3項若しくは第205条第1号から第6号まで、第15号若しくは第16号の罪、 (平成11年法律第225号)第255条 、第256条、第258条から第260条まで若しくは第262条の罪、 (平成12年法律第129号)第65条 、第66条、第68条若しくは第69条の罪、 (平成14年法律第154号)第266条 、第267条、第269条から第271条まで若しくは第273条の罪若しくは (平成16年法律第65号)第265条 、第266条、第268条から第272条まで若しくは第274条の罪を犯し、刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者• 航空機が墜落し、滅失し、若しくは行方不明となつた際現にその航空機に乗つていた職員若しくは航空機に乗つていてその航空機の航行中に行方不明となつた職員の生死が3箇月間わからない場合又はこれらの職員の死亡が3箇月以内に明らかとなり、かつ、その死亡の時期がわからない場合にも、同様とする。 ただし、当該職員派遣の期間は、当該職員派遣をした日から起算して10年を超えることができない。

15
公務員 法 条 地方 第 16 公務員 法 条 地方 第 16

)の職員若しくは特定地方独立行政法人の役員 (以下 「役職員」という。

11
公務員 法 条 地方 第 16 公務員 法 条 地方 第 16

第4条 施行日において公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律第2条第2項に規定する職員派遣をされている職員 (地方公務員法第4条第1項に規定する職員をいう。

公務員 法 条 地方 第 16 公務員 法 条 地方 第 16

又はを欠格条項とする規定については、採用時に試験や面接等により適格性を判断し、その後、心身の故障等により職務を行うことが難しい場合においても、などの規定が既に整備されていることから、令和元年6月14日に公布された「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律」によって削除されることとなった。 )は、人事管理の計画的推進その他の必要な準備を行うものとし、地方公共団体の長は、任命権者の行う準備に関し必要な連絡、調整その他の措置を講ずるものとする。

2
公務員 法 条 地方 第 16 公務員 法 条 地方 第 16

ただし、同項に規定する職員以外の職員であつた者でその意に反して免職され、若しくは懲戒処分としての免職の処分を受け、当該処分を受けた日の翌日から起算して1年以内のもの又はその期間内に当該処分について法律の定めるところにより審査請求をし、若しくは訴えを提起し、これに対する裁決若しくは裁判が確定するに至らないものを構成員にとどめていること、及び当該職員団体の役員である者を構成員としていることを妨げない。 )並びに附則第6条の規定、附則第11条第1項の規定及び附則第15条の規定 (同法第58条第3項の改正規定中「第39条第5項」を「第38条の4、第39条第5項」に改める部分に限る。

2
公務員 法 条 地方 第 16 公務員 法 条 地方 第 16

以下この項において同じ。

19