古今 著 聞 集 小 式 部 内侍 が 大 江山 の 歌 の 事。 古今著聞集小式部の内侍大江山品詞分解現代語訳

内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大 内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大

「思ふ」の尊敬語。

内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大 内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大

経歴 [ ] 母の和泉式部は小式部内侍を妊娠した時に郷里の湖山へと戻っていた。 夜明けて、血をとめて行きて見ければ、一町ばかり行きて、谷の底に大なる狸、胸より尖矢を射通されて、死して伏せりけり。 主語となる人物は共に小式部と考えられます。

16
内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大 内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大

小式部内侍の名声と、院からの寵愛を妬み、やっかんでいたからです。

9
内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大 内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大

実方、蔵人頭にならでやみにけるを恨みて、執とまりて、雀になりて、殿上のE小台盤を食ひけるよし、人言ひけり。 設問 問一 傍線部1~7の助動詞について、終止形と、ここでの活用形及び文法的意味を答えなさい。

14
内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大 内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大

折しも、 C小蔀より主上 c御覧じて、「行成はいみじき者なり。

18
内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大 内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大

問五 波線部Bの具体的な内容を示す一文を、本文中から書き抜きなさい。

内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大 内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大

」と言へば、「何者ぞ。

20
内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大 内侍 江山 著 が の の 事 式 古今 集 部 歌 小 聞 大

たしかに初対面というよりは親しい間柄だったのかもしれません。 別の作のひとつは 右衛門督公任の名で拾遺和歌集に収められています。

17