石正麗 亡命。 亡命中の武漢ウイルス研究所の研究者との面会、バノン氏は明言せず

亡命 石正麗 亡命 石正麗

石正麗さんは「安全管理が不十分なため誤って新型コロナウイルスが漏れ出たのではない」との主張を続けているといいます。 あらためて、初めて見る方のために少し、 この亡命のことってそんなに重要なの?ということで、 この亡命したと噂される人物は、武漢ウイルス研究所の副所長でもある主任研究員、石正麗という人なんですが、今回のウイルスが人工的なものなのか、研究所からそれが漏れたのかなどの重要な証拠をもっているかもしれないという重要な人物です。

亡命 石正麗 亡命 石正麗

また、武漢ウイルス研究所の研究者による暴露を望んでいない」 ただ、バノン氏は蕭茗氏の「米政府は中国共産党政権の崩壊に備えているか」との質問について、「これは米国の政治家ではなく、米国民が決めることだ」と強調した。

8
亡命 石正麗 亡命 石正麗

当初ネット上で飛び交った噂では、この石正麗が数千件の証拠書類と家族と共に在フランスの米国大使館に亡命申請したというものでした。

亡命 石正麗 亡命 石正麗

この「亡命説」について、中国共産党機関紙・人民日報系「環球時報」は5月2日の段階で、石氏が中国版LINE「微信(WeChat)」上で友人に向けて書いたものとして、次の文章を掲載した。 石正麗氏は自身のWeChatのアカント上で、近況を写した9枚の写真とともに以下の声明を投稿したとGlobal Timesは報じている。

11
亡命 石正麗 亡命 石正麗

逃亡の噂があまりにも広がったため、セキセイレイ自信が「WeChat」を使って否定しました。

亡命 石正麗 亡命 石正麗

蕭氏によると、バノン氏は取材中、北京ダックが「大好物だ」と明かしたほか、若い頃から中国文化に強い興味を示したと話し、中国共産党こそが中国国民と米国民の最大の敵だと強調した。 いろいろな情報が錯そうしている状態です。

5
亡命 石正麗 亡命 石正麗

怖いわ、中国。 中国湖北省の中国科学院武漢ウイルス研究所でコウモリ関連のコロナウイルス研究を統括してきた石正麗氏(1964年生まれ)について、オーストラリアのメディアが「中国当局に口止めされていた」と伝え、波紋を呼んでいる。 「最近、原因不明の肺炎が社会のパニックを引き起こしている。

10