酢酸 エチル sds。 研究用試薬

Sds 酢酸 エチル Sds 酢酸 エチル

Furthermore the transmittance is specified in accordance with Reag. 応用例(製薬) In pharmaceutical preparations, ethyl acetate is primarily used as a solvent, although it has also been used as a flavoring agent. 眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。 jp 緊急連絡電話番号 03-1234-5678 推奨用途及び使用上の制限 溶剤、有機合成原料 NITE-CHRIPより引用 2.危険有害性の要約 GHS分類 分類実施日 物化危険性及び健康有害性 R2. H319: 強い眼刺激。

12
Sds 酢酸 エチル Sds 酢酸 エチル

用途 塗料? SPIRIT OF WINE• 容器を接地しアースをとること。 酢酸エチル [吸光分析用]• 容器を接地しアースをとること。 保管 安全な保管条件 施錠して保管すること 毒劇物。

2
Sds 酢酸 エチル Sds 酢酸 エチル

皮膚及び身体の保護具 保護衣を着用する。 9 KIS-NET 10201 213 1 比重測定温度 20 25 deg C KIS-NET 10201 214 1 蒸気密度 3. ばく露防止及び保護措置」に記載の措置を行い、必要に応じて保護具を着用する。

3
Sds 酢酸 エチル Sds 酢酸 エチル

規制状況 Regulatory Status Included in the FDA Inactive Ingredients Database oral tablets and sustained-action tablets; topical and transdermal preparations. 眼の刺激が続く場合:医師の診察/手当てを受けること。 8 ppm , butter 2 ppm , yogurt, milk, meats, cognac, beer 4 to 64 ppm , whiskies, cider, sherry, grape wines, rum, cocoa, coffee, tea, filberts, peanuts, popcorn, oats, honey, soybeans, coconut, olive oil 0. Sasol in South Africa was said to be investigating such a process in the early 2000s. Ethyl acetate will attack some forms of plastics, rubber and coatings. 3 — 2 - Occurrence in wines Ethyl acetate is the most common ester in wine, being the product of the most common volatile organic acid — acetic acid, and the ethyl alcohol generated during the fermentation. Skin contact produces irritation. 吸入経路については、 2 のラットの吸入ばく露で区分1の範囲内で呼吸器への影響を示す結果があるものの、 3 では、 2 より高い濃度でヒトにおいて症状がみられなかったと報告されていることから、区分に該当しないと考えられる。

5
Sds 酢酸 エチル Sds 酢酸 エチル

また気体を吸い込むと、めまいなどをおこす場合もあります。 H227 : 可燃性液体。

6
Sds 酢酸 エチル Sds 酢酸 エチル

保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面を着用すること。

7
Sds 酢酸 エチル Sds 酢酸 エチル

See ETHANOL, METHYL ALCOHOL, and n-PROPYL ALCOHOL. Ingestion of ethyl acetate may cause gastrointestinal irritation and, with larger amounts, central nervous system depression. P233: 容器を密閉しておくこと。 Gourmet vinegars—wine vinegar, cider vinegar, and so on, made by fermentation of alcoholic beverages—are also available. NATURAL ETHYL ACETATE• 2 入手可能な情報では、皮膚及び眼に刺激性は示さない SIDS 2008。 ETHYL ACETATE, 99. エチルアセテート• 生殖細胞変異原性 【分類根拠】 1 、 2 より、in vivo、in vitro試験を含む標準的組合せ試験でいずれも陰性であったことから、ガイダンスにおける分類できないに相当し、区分に該当しない。