春雷 歌詞。 春雷

歌詞 春雷 歌詞 春雷

YeLLOW Generation 春雷 作詞:おちまさと 作曲:渡辺未来 春雷 一筋の望みを照らし出す 時ならぬ稲妻 雪が解けても 心は困難で 冴えない自分だけ水に流す 珍しくやる気 脛ぶつけて家路… 結局 元の木阿弥・・・ その時 暗闇を貫く雷 永遠と現実のタイムラグ 何かが見えた気がした 僕はその光へと走った… 春雷 一筋の望みを照らし出す 時ならぬ稲妻 「Open Your Eyes And Just Open Your Heart」 きっと見つかるはず 雲雀鳴いても 僕はこんなんで 飛べない自分だけお茶を濁す 珍しくその気 滑って転んで鼻血 結局 またも御悔み… 更多更詳盡歌詞 在 その時 暗闇を劈 つんざ く雷 轟きと閃きのタイムラグ 何か目覚めた気がした 僕はその光へと…光へと… 春雷 一筋の望みを照らし出す 時ならぬ稲妻 「Open Your Eyes And Just Open Your Heart」 きっと掴めるはず 壊れた方位磁石の旅だけど チャンスは予想外に訪れる まるで春雷のように 今こそ耳を澄ませ 恐れず進め 春雷 一筋の望みを照らし出す 時ならぬ稲妻 「Open Your Eyes And Just Open Your Heart」 風光るあの麓へ 春の雷 導く あの彼方へ 春雷…春雷…春雷…. 言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ 嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって 刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ ひいらぎの解釈深い惑い、痛み、憂いを繰り返し、いつの間にか春になった。 暖かな陽ざしと草花の香りに誘われ、凍てついていた命が再び活力を取り戻します。 突発的で激しい感動から始まった恋は、よく雷に例えられます。

歌詞 春雷 歌詞 春雷

落雷に打たれたような恋の始まりが描かれています。 あの日に生まれた嵐みたいな感情がずっと胸の中に住み着いている。

10
歌詞 春雷 歌詞 春雷

それでも思いが枯れ果てるまでは、僕は恋を続けていたいようです。 春雷の歌詞の意味を徹底解釈 1番 現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいだ その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ 人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ ひいらぎの解釈春の真っ最中に現れたあなたは、えも言えぬほど輝いて見えた。

歌詞 春雷 歌詞 春雷

揺れながら踊るその髪の黒が 他のどれより嫋やかでした すっと消えそうな 真っ白い肌によく似合ってました あなたにはこの世界の彩りが どう見えるのか知りたくて今 頬に手を伸ばした 壊れそうでただ怖かった ひいらぎの解釈踊るように揺れる髪の黒が他のどんな色より嫋やかだった。 宙を流れる花弁を目で追えば透き通る青空に心が奪われる、そんな爽やかな情景に出会うこともあれば、美し過ぎる景色を非現実的な夢のように感じ漠然とした不安を覚えることもあります。

歌詞 春雷 歌詞 春雷

その細い声で騙していてほしい 僕がカラカラに枯れ果てるまで。 その目に映る世界をあなたがどう感じているのか知りたくて 頬に手を伸ばした。 僕が参ってしまったのは、あなたに花びらのような性質があったからなのかもしれません。

16
歌詞 春雷 歌詞 春雷

嵐のようなあなたはどこへ行ってしまったのだろう。

15
歌詞 春雷 歌詞 春雷

「残し」「陰り」と言う表現から、あなたの不在が伺え、それでも恋い焦がれる僕は、更に思いを深くします。

20
歌詞 春雷 歌詞 春雷

まだまだ心は帰れない その細い声でどうか騙しておくれ カラカラに枯れ果てるまで ふらふら揺られて甘い香り 残し 陰り 幻 ひいらぎの解釈心はまだあなたを忘れられない。

7
歌詞 春雷 歌詞 春雷

然 ぜんの 雷 かみなりが 酔心地 よいごこち 春 はるの 宵 よいに このままじゃ 夜明 よあけまで 野 のざらしずぶ 濡 ぬれ 春 はるの 雷 かみなりに 白 しろい 花 はなが 散 ちり 桜花吹雪 さくらはなふぶき 風 かぜに 消 きえてゆく 過 すぎた 日 ひを 懐 なつかしみ 肩組 かたくんで 涙 なみだぐんで 別 わかれたあいつは 今 いま 寒 さむくないだろうか 春 はるの 雷 かみなりに 帰 かえるあてもなく 桜花吹雪 さくらはなふぶき 家路 いえじたどるふり 声 こえなき 花 はなの 姿 すがた 人 ひとは 何 なにを 思 おもうだろう まして 散 ちりゆく 姿 すがた この 世 よの 運命 うんめいを 春 はるの 雷 かみなりに 散 ちるな 今 いますぐに 桜花吹雪 さくらはなふぶき 命 いのちつづくまで 春 はるの 雷 かみなりに 散 ちるな 今 いますぐに 桜花吹雪 さくらはなふぶき 命 いのちつづくまで 然 zen の no 雷 kaminari が ga 酔心地 yoigokochi 春 haru の no 宵 yoi に ni このままじゃ konomamaja 夜明 yoa けまで kemade 野 no ざらしずぶ zarashizubu 濡 nu れ re 春 haru の no 雷 kaminari に ni 白 shiro い i 花 hana が ga 散 chi り ri 桜花吹雪 sakurahanafubuki 風 kaze に ni 消 ki えてゆく eteyuku 過 su ぎた gita 日 hi を wo 懐 natsu かしみ kashimi 肩組 kataku んで nde 涙 namida ぐんで gunde 別 waka れたあいつは retaaitsuha 今 ima 寒 samu くないだろうか kunaidarouka 春 haru の no 雷 kaminari に ni 帰 kae るあてもなく ruatemonaku 桜花吹雪 sakurahanafubuki 家路 ieji たどるふり tadorufuri 声 koe なき naki 花 hana の no 姿 sugata 人 hito は ha 何 nani を wo 思 omo うだろう udarou まして mashite 散 chi りゆく riyuku 姿 sugata この kono 世 yo の no 運命 unmei を wo 春 haru の no 雷 kaminari に ni 散 chi るな runa 今 ima すぐに suguni 桜花吹雪 sakurahanafubuki 命 inochi つづくまで tsudukumade 春 haru の no 雷 kaminari に ni 散 chi るな runa 今 ima すぐに suguni 桜花吹雪 sakurahanafubuki 命 inochi つづくまで tsudukumade. 言葉を使っても身振りを使っても足りないと感じてしまう僕のもどかしさに相まって、どんなに衝撃的な出来事だったかが表現されています。 蒼い眼をしたあなたは落雷のようだった。