ティム バートン。 ティム・バートン監督のおすすめ映画15選!

バートン ティム バートン ティム

映画のコンセプトアートや個人的に書き溜めた数百点ものイラストを、バートン自身の監修のもと一冊の本に集約。 良い意図があるのにもかかわらず惨憺(さんたん)たる結果を招いてしまう者たちが、創造力を使って世間に立ち向かおうとするさまは、バートン監督の自伝的な要素といえるでしょう。

バートン ティム バートン ティム

ティム・バートンにしては狂気が溢れていて、普通に怖いと感じる珍しい作品なのでは。 同じ「1日」を繰り返し、鳥に変身することができる不可思議な存在ミス・ペレグリンを演じているのは、『ダーク・シャドウ』で美しく冷酷な魔女を演じたエヴァ・グリーン。 『シザーハンズ』、『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス』、『チャーリーとチョコレート工場』など独特の世界観で世界的な人気を誇る、映画界の鬼才、ティム・バートン。

3
バートン ティム バートン ティム

熱烈なファンとして有名で、1992年には、映画『』の制作現場を見学したことがある。 バートンが映画監督として、また個人的に手掛けたプロジェクト約700点が初めて公開され、総来場者数80万人以上という同館史上3位の入場者数を記録するなど好評を博しました。 また同作のクライマックスも、『』シリーズ第6作『』を基にしていると本人は語っている。

10
バートン ティム バートン ティム

で2人兄弟の長男として生まれる。

5
バートン ティム バートン ティム

2005年 Charlie and the Chocolate Factory - 監督• 時に、彼が脚本を執筆していない事に着目して下さい。 バートンの映画にみられる視覚的なテーマを表現したものもあれば、バートンの愛犬「ポピー」を使った私的なプロジェクトも。

4
バートン ティム バートン ティム

『巨人ツリッグ』 1976 表紙:35. 脚本:• ほかの子と遊ぶことは許されず地下室のねぐらに押し込まれているけれど、いつか少年と風船の交流を描いた映画『赤い風船』(1956)のように街の上を飛んで小さな子どもたちに喜びを届けたいと思っているんだそうです。 主人公の少年が、不思議な力を持つ子供たちや彼らを守る女性と出会ったことから始まる奇想天外な冒険を描いた、ダーク・ファンタジーです。 低予算で大きな興行成績を上げる監督として注目され 、『』の製作につながる。

20
バートン ティム バートン ティム

常に世界を魅了し続けるイマジネーションの源泉を体感することが出来る。 2010年 『アリス・イン・ワンダーランド』• ていうか、若い。

バートン ティム バートン ティム

にも関わらず、それぞれの作品におけるバートン色たるや、尋常の濃度ではありません。 9体の人形 [ ] 9(Nine) 主人公。 今回の日本開催が同展のアジア初上陸となります。

5