米津 感電 歌詞。 感電 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

感電 歌詞 米津 感電 歌詞 米津

主題歌への思い入れを語った 米津玄師さんと脚本家の 野木亜紀子さんのコメントをご覧下さい。 タイトルは刑事ドラマとどのような関連性があるのでしょうか。 転調のユニークさ、Cメロのダイナミックなドラムフィルなど中毒性の高い音楽構成でした。

15
感電 歌詞 米津 感電 歌詞 米津

この稲妻は「誰も追いつけないくらいのスピード」といった前文にかかっているため「稲妻の様に生きたい」という陰には、伊吹もしくは志摩の 「二人で誰よりも光り輝いていたい」といった感情が込められているのでしょう。 裏付けするように、2番の歌詞では 「迷い込んだニャンニャンニャン」と「迷子の迷子の子猫ちゃん」を彷彿させる内容が綴られていますしね。

20
感電 歌詞 米津 感電 歌詞 米津

それとも米津玄師本人が…?. この点は、伊吹の 「終わりよければすべて良し」とする性格と合致します。 という意味になっています。 ありがとうございました。

14
感電 歌詞 米津 感電 歌詞 米津

嫌になっちゃうくらい毎日いろんなことがありますが、暗がりに捕まらないように、この曲と共に、伊吹と志摩と走り抜けたいと強く思いました。 「自分が今暮らしている境遇と(中略)共通する部分をそのまま音楽にしました」発言• この点も志摩を困らせる伊吹の立ち振る舞いと重なります。 ・米津さんが置かれている境遇 ・ドラマの彼らが織り成す物語 1つめの境遇に関しては、2020年4月10日からの放送開始が告知されていた同ドラマが コロナウイルスの影響で延期になったことが含まれるのでしょう。

8
感電 歌詞 米津 感電 歌詞 米津

米津玄師さんは、 不利な境遇の中でも人と人が繋がり助け合うことで成し遂げられた偉業を題材として織り込んだのかもしれません。 これまでの楽曲ではそれこそ 『でしょましょ』の 「異常な世界で凡に生きるのがとても難しい 令月にして風和らぎ まあまあ踊りましょ」という歌詞に代表されるように、周りと一緒でありたくないと感じているものの実際にやることとしては呑気に踊る事ぐらいのものでした。

9
感電 歌詞 米津 感電 歌詞 米津

それでお前はどうしたい?」といった類の、他人を感化させるような カリスマ性を感じてしまいます。 パトカーのサイレンにしなかったのは、、かなり変則的だったでしょうか。 」というコメントの 「自分が今暮らしている境遇」というのは 今の狂った世の中のことを指しているのではないか、と個人的には思えてなりません。

20
感電 歌詞 米津 感電 歌詞 米津

それでも2人はどことなくやり遂げたような気持ちで満足げです。 ただ実はここの歌詞にも米津作詞ならではの、ユニークな一面が混ざり込んでいます。

6