グロテスク 小説。 【小説感想】女にとっての地獄とは何なのか。桐野夏生「グロテスク」の感想

小説 グロテスク 小説 グロテスク

私たちみたいな娼婦は怪物かもね」 連続殺人事件の公判で、Q学園の生徒だった木島高志に会いました。

2
小説 グロテスク 小説 グロテスク

ほんの冒険心から始まった「夜」遊びでしたが、友人の一人が消え、生首となって見つかります。 そんな時でした。 日常の横に口を開けている地獄への入り口に、ヒヤリとするダークな作品でした。

19
小説 グロテスク 小説 グロテスク

IQ130以上のみが入れるMENSA会員。

17
小説 グロテスク 小説 グロテスク

「悪魔的」と評されるすさまじい美貌でチヤホヤされるが、 周囲から「女性という性しか必要とされない」ユリコ。 ですが、そこでも居場所を失い、やがて路上で客を引く「立ちんぼ」へと落ちていきます。

5
小説 グロテスク 小説 グロテスク

そして、1人の天使が僕たち人間の幸福を奪いに来た。

15
小説 グロテスク 小説 グロテスク

彼は「わたし」の劣等感を克服してくれる存在でした。 そこには「モモ太」「ジッ太」「ズッ太」という河童の三兄弟がいました。

15
小説 グロテスク 小説 グロテスク

「わたし」はQ学園内で「悪意」を持って一位になることを選びました。 「わたし」は結局娼婦になりました。 そんな気持ちから「読書の魅力」を 少しでも届けるべく本にまとめました。

16
小説 グロテスク 小説 グロテスク

SFの巨匠が送る恐怖小説集『霧が晴れた時』 小松左京といえば、誰しも一度は名前を聞いたことがある大作家。

9