お気 を つけ て お過ごし ください。 「お体に気をつけて」は目上の人にも使える?正しい敬語と文例は?上司/先生

ください お気 を つけ て お過ごし ください お気 を つけ て お過ごし

4-4.「お体に気をつけて」と言われた時の答え方 「ありがとうございます」と答えるのが一般的です。 」は「お体を大切に」という意味の英語表現になり、目上の方にも使えますので、迷ったときにはこの表現を使うといいですね。 ただ、病気療養中や入院中の方には不適切な言葉ですので、くれぐれも気をつけておきましょう。

7
ください お気 を つけ て お過ごし ください お気 を つけ て お過ごし

」と声かけすると無難です。 くれぐれもお体にはお気をつけてお過ごしくださいませ。

14
ください お気 を つけ て お過ごし ください お気 を つけ て お過ごし

ご無沙汰しております。

8
ください お気 を つけ て お過ごし ください お気 を つけ て お過ごし

お気をつけてお越しください• 」といった意味で、目上の方に対しても失礼なく使える表現です。 お体に気をつけての使い方 相手の体調を気づかう言葉であるお体に気をつけては、会話や文書に関係なくさまざまな場面で使用できます。 「お身体に気をつけて」とお気遣いされたら、なんと返したらよいか迷ってしまうこともあるかもしれませんが、基本的には定番のパターンがありますので、それに当てはめていけばよいのです。

4
ください お気 を つけ て お過ごし ください お気 を つけ て お過ごし

道中お気をつけて行ってらっしゃい」と送ります。 お気をつけてお帰りください」 感謝を伝える時:「お足元の悪い中来ていただきありがとうございました。

14
ください お気 を つけ て お過ごし ください お気 を つけ て お過ごし

使う相手によっては注意が必要 「お体に気をつけて」には「気をつけて」という言葉が入っているため、どうしても「注意喚起」「命令口調」というニュアンスが入ってしまいます。

15
ください お気 を つけ て お過ごし ください お気 を つけ て お過ごし

目上の人に「お体に気をつけて」を使用する際の注意点 目上の人に「お体に気をつけて」を使用する際に注意するべき点は相手が不快に受け取る可能性を考慮して、「お体に気をつけてください」などとより丁寧な表現にしたほうがよいです。 相手への敬意を示すことができる「お」を付けることで、「お気をつけて」という丁寧語の表現になります。

11
ください お気 を つけ て お過ごし ください お気 を つけ て お過ごし

お体に気をつけてますますお元気でいてください。 In the first sentence you will see the phrase keep an eye on. そのため、体調を崩した相手に言う際などは「体調」を用いるほうがいいでしょう。 「お体に気をつけて」は敬語だが目上の人には丁寧な言葉を添える 「お体にお気をつけて」は敬語ですが、目上の人には丁寧な言葉を添えるのが良いとされています。

18